ホーム

ショップ全体を把握しよう

ショップ全体を把握しよう

お客様への接客と販売

販売する洋服のジャンルやショップ自体の業態によって差はありますが、大半のアパレル店員の仕事内容は、お客様への商品案内や販売、レジ業務などがメインとなります。1日の流れで考えてみると、出勤したらショップを開店する前に店内の掃除から始めます。そこから商品の在庫管理やディスプレイのチェックなど、売り場づくりを終えてオープンをむかえます。
営業中はお客様への商品案内や販売促進、またはコーディネートをアドバイスしたりと主に接客の仕事となります。ショップによっては販売ではなくお客様のコーディネートをスタイリングする専門のショップスタイリストとして売り場に立つ人もいます。ショップスタイリストでなくても、お客様からコーディネートの相談をされた場合は一緒に選んであげる場合もあるでしょう。また営業中は沢山のお客様が商品を手に取って見るため、細かい商品陳列を直すことも大切な仕事の一つです。このようにしてアパレルの売り場はつくられ、アパレル店員は提案するだけでなくあらゆるところに気配りをしながら商品を販売するスキルを身につけていくのです。

売上や商品の管理業務

販売スキルがある程度身についてきたら、次はお店の売上や商品を管理する仕事となります。この業務はショップの目標や年間の売上計画を立てる上で参考とするデータであるため、細かい部分まで気をつけなければならない責任のある仕事です。最初は商品の在庫確認や、どの商品が何個売れたかなど簡単なところから始めます。だんだん慣れてくると今度は競合となるショップで売れているアイテムや売上をチェックするようなマーケティング・リサーチの内容も覚えなければなりません。ショップの方向性にも大きく影響する業務ですので慎重且つ正確さが求められます。

ショップのイメージを決めるディスプレイ

楽しさと面白みのある仕事がディスプレイ業務です。営業中ではなくショップが閉店してから店内のマネキンのコーディネートを変更したり、トレンドに合わせた売り場づくりをデザインする仕事です。担当するアパレル店員のセンスが問われる仕事であるため、売り場づくりが好きな人にとっては工夫しがいのある仕事でしょう。またショップによっては自分たちで商品のポップを手作りしている場合もあり、アパレル店員のセンスやユーモアがショップのイメージを決めると言っても過言ではありません。
このようにアパレル店員は接客だけをしているように見えて、細かいところにまで心配りをしながらお店をつくっているのです。

キャリア構築したい人におすすめ!