ホーム

女性ならではのキャリア構築とは

女性ならではのキャリア構築とは

簡単なプロフィール紹介

当サイトの管理人は神奈川県在住の37歳です。現在は一人の子どもを育てる母でありながら、人材派遣の会社に勤務しています。日々沢山の女性に仕事の紹介やキャリアカウンセリングを行っています。仕事と家庭を両立しながらも充実した毎日を過ごしています。

キャリア構築は必要なのか?

男性も女性もキャリア構築について、最近は話題となる機会が増えましたが実際のところキャリア構築の必要性にピンときていない人も多いでしょう。これまでの時代は年功序列や終身雇用制度がベースとなり、キャリアを考えずとも会社に勤続していれば勝手に得られるような時代でした。ですが終身雇用の崩壊と共にこれまでのような受け身の姿勢ではなく、自分で実力や経験を身につけてキャリアを勝ち取っていくような時代へと変化してきています。そのため一つの会社でサラリーマン人生を終えるといった終身雇用の考え方ではなく、転職をしながら自分自身でビジネスマンとしてのキャリアを形成する考え方が当たり前となってきているのです。つまりキャリア構築をするかしないかといった選択ではなく、キャリア構築をしなければ生き残れない時代となってきているのです。
ですが会社にキャリアをつくってもらう時代は過ぎ去ったものの、決してネガティブな要素だけではありません。発想を変えれば自分で自由にキャリア構築ができる時代になったということです。給与を中心として考えるのか、仕事に対してのやりがいを重視するのかなどそれぞれのキャリア構築に合わせた職業の選択が一般的となってきているのです。

女性のキャリア構築について

長い将来を考えるとはいえ、女性は結婚や出産など環境の変化が仕事に影響する場合があります。せっかくキャリア構築のプランを考えても、予期せぬ状況の変化で中々思うように進まないこともあるでしょう。では女性の場合はキャリア構築を考えるのは難しいのでしょうか。確かにイメージしていた通りに進まないこともあるかもしれませんが、決して諦める必要はありません。例え描いた通りに進まなかったとしてもキャリア構築を考える中で人生の進み方をイメージすることは結婚や出産後も役に立つことです。目標をその都度細かく立てながら、優先順位を考えて進めていくことが大切なのです。
女性がキャリア構築を描くのならば仕事だけでなく私生活も含めて考えてみましょう。女性は結婚や出産、あるいはパートナーとなる男性によって状況や働き方を変えなければならない場合があるため、家庭も含めてキャリアを考える必要があります。また最初からライフプランを含めて考えておけば、結婚のタイミングなども仕事とのバランスを考えて決めることができます。また、結婚などの予定がない方でも自分のライフスタイルと将来を考えることはとても大切です。自分が本当にしたいことは何なのか、そこに合わせてキャリア構築をしていくとよいでしょう。理想をより具体化することでライフプランも立てやすくなります。

臨機応変さを忘れずに

これだけキャリア構築について考えていても思い通りにいかないこともあります。そんな時は決めたことにこだわるのではなく、柔軟な方向転換をしてみるのも良いかもしれません。ゴールを明確に描いていれば、方法や優先順位が違っても同じところへたどり着けるはずです。

もしもキャリア構築について疑問や悩みなどのご相談がありましたら、carrier_construction@yahoo.co.jpまでお問い合わせください。

キャリア構築したい人におすすめ!