ホーム

FPを取って信頼度を上げよう

FPを取って信頼度を上げよう

ファイナンシャルプランナー(FP)について

保険営業の仕事をするのであれば、生命保険の資格以外にファイナンシャルプランナー(FP)の資格も同時に取得しておきましょう。ファイナンシャルプランナー(FP)の資格は保険営業で取り扱う商品知識はもちろんのこと、税金関係や不動産、その他資産運用等といった幅広い分野の商品についての知識も取得することができます。
ファイナンシャルプランナーとしての主な仕事は個人あるいは中小企業から資産運用についての相談を受けた際、最適な方法を分析し運用計画の提案や運用方法などについて的確なアドバイスを行うことです。資産の中には保険以外にも不動産や税金関係など様々な分野が関係してくるため、幅広い知識と計画性が求められます。ファイナンシャルプランナー(FP)の資格取得で身につく知識は、保険営業をする上でお客様のニーズに応えより細かく提案する際にとても役立ちます。資格取得には段階がありますが、3級などであれば保険営業の基礎研修などで学ぶ知識も多いため、取得しやすい資格と言えるでしょう。また国家資格なのでお客様に保険商品を提案する際の信頼関係の構築にも役立ちます。仕事だけでなく自分自身の人生にも関連している内容ですので取得しておいた方がよいでしょう。

資格を取得するためには

ファイナンシャルプランナー(FP)として活動するためには、ファイナンシャル・プラニング技能検定(FP技能検定)という国家資格を取得しなければなりません。この検定には1級から3級までがあります。ファイナンシャル・プラニング技能検定は、特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)が実施しており、複数指定試験機関方式が採用されています。その他に一般社団法人金融財政事情研究会も実施していますが、どちらが主催する試験を受けたとしても得られる免除項目や試験内容および資格取得の内容は全て同じです。
FP技能検定の受験資格は各級によって異なります。3級FP技能検定であれば「FP業務に従事しているかあるいは従事しようとしている」、2級FP技能検定であれば「FP業務において2年以上の実務経験者」または「AFP認定研修を修了している」あるいは厚生労働省が認定した「金融渉外技能審査3級の合格者」のうちのどれかにあてはまる人です。また実際にFP技能検定に合格するためには、学科試験だけでなく実技試験も含め両方に合格する必要があります。実務経験がない場合はこのようにして3級から順に取得していくのが良いでしょう。

キャリア構築したい人におすすめ!