ホーム

ニーズを読み取る力が必要とされる

ニーズを読み取る力が必要とされる

保険営業の仕事とは?

人の命や病気などで発生する損失を保障してくれるのが保険の役割です。生命保険はそういった時に備えて保険を契約することにより、万が一のことが合った際に規定の条件に沿って保険金を受け取れる仕組みとなっています。一般的には生保と略して呼ばれます。
生命保険の営業は、主に日本の生命保険会社が行っています。生命保険営業のメインの仕事は、お客様個人のニーズに合った保険やプランのカウンセリングおよび提案を行うことです。生命保険の営業ということで、単に保険を売るだけの仕事と思われがちですがそう簡単なことではありません。お客様一人一人求めている生き方や、保険に対する知識や不安は大きく違います。そういったお客様の細かい声も丁寧にヒアリングしながら最適な保険を提案しなければなりません。保険営業の仕事は単に営業をするだけではなく問題解決力やコンサルティング能力も求められる仕事なのです。
また、お客様と向き合っていく期間が長い場合もありますので信頼関係の構築もとても重要となってきます。安心して保険選びを任せられる人と評価して頂くためには、保険以外の知識も必要となる場合があるため、日々の努力も結果として表れます。いわばお客様とのパートナー関係となるため、責任の大きい仕事です。また、生命保険の営業は契約が完了したらお客様との関係が切れるわけではありません。その後のアフターフォローも長くお付き合いしていく上でとても大切な仕事内容となります。

保険営業の面白みと魅力

保険営業の仕事内容について述べましたが、この仕事に面白いと感じる部分や魅力はどこにあるのでしょうか。保険営業の仕事をしている人にとってモチベーションに大きく関わっているのは、おそらく給与面ではないでしょうか。保険営業の仕事は通常のサラリーマンとは給与形態が大きくことなります。業務内容や業績に関わらず毎月一定額を貰えるのがサラリーマンですが、保険営業の場合は頑張った分だけ給与に反映されるといった成果報酬型となっています。
勤務する会社によって多少異なりますが、入社して1~2年ほどは最低保障の給与が設定されており、そこから先は基本給は減るものの頑張った分だけインセンティブが上乗せされる会社がほとんどです。きちんと日々努力しながらスキルアップをしていれば、高収入を得ることも充分に可能です。

一生役に立つスキルを身につけられる

また生命保険の営業はお客様の生涯の人生設計を一緒になって考える仕事でもあります。そのため人と人との関係を築くことから始まります。その中で相手の気持ちを理解する力や、自分自身に置き換えても考えられる知識が多いため生涯役に立つ仕事といえるでしょう。

キャリア構築したい人におすすめ!