ホーム

主体的な看護が求められる

主体的な看護が求められる

看護師に求められる専門性

看護の仕事といっても、いくつかの職種に分かれています。看護の仕事は主に看護師・助産師・保険師という職種に分類されており、それぞれ全く働き方や看護する相手が違います。ここでは看護師について記載します。
まず、看護師の主な仕事内容は医師から言われた指示に沿って診療のサポートを行うことです。またそれぞれ病状の違う患者さんに対して自分自身で考え適した看護を行うこともあります。医師のアシスタントとしてサポートする業務がメインと思われていますが、医師ができない看護という分野で看護師の存在はとても大きいものとなっています。医師と看護師それぞれの分野で担当する業務を連携させながら患者さんに適切な処置を行っていくのです。また看護師は医師とは違い他の医療関連の職種とも連携して仕事をする機会も多いため、医療全般に関する知識も豊富な人が多いようです。

求められるスキルの変化

医療業界において看護師はスペシャリストとしてあらゆる現場で活躍しているとても重要な職種なのです。その他の助産師・保険師として看護職にあたる女性も多く存在します。最近では医療の進歩が勢いを増し、高度な技術の導入や少子化の影響で看護師に対して求められるスキルも高くなっています。看護職としての仕事は勿論のこと、その他にも患者さんの心のケアや患者さんの立場に立って考える看護が求められるようになりつつあります。このように医師の診療サポートだけでなく幅広い活躍を見せる看護師の仕事は今後さらに求められるようになるでしょう。

看護師としての適性

看護師がケアをする相手は人間です。様々な病気や症状を抱えた患者さんと日々向き合わなければなりません。また過酷な労働環境の中でも常に患者さんのことを最優先に考えなければならないため、メンタル面の強さも求められる職種です。また年齢層も小さな赤ちゃんからお年寄りまで幅広いので、患者さんそれぞれに合わせた治療やケアができるかという人間性も大きく影響します。不規則な生活が続くため精神が安定しないことも少なくないようですが、そこを自分でコントロールできるようになるのも一つの成長と言えるでしょう。
また日々新しい医療機器や治療法が導入されるため、最新の製品知識について専門性も求められるようになってきています。ただ病院に勤務するのではなく、常に変わり続ける医療の現場を把握しながら商品についての知識も深めていくことが重要と言えるでしょう。

キャリア構築したい人におすすめ!