ホーム

上級資格を取得しよう

上級資格を取得しよう

認定看護師とは?

看護師としてキャリア構築を考えるのであれば、専門分野に特化した知識を習得してスペシャリストになるのも一つの手段でしょう。看護師という仕事がそもそも専門分野に特化したスペシャリストではないのかと考えられがちですが、先ほど述べたスペシャリストとは少し違います。
専門分野に特化したスペシャリストとは、がんや心臓病などといった大きな病気に対して、あるいは小児救急看護に対してなど、何か一つ専門分野に特化して知識を持った人のことを指します。看護という仕事でもさらに専門的な深い知識を持った人のことです。一つでも専門知識を持っていれば、それだけで患者さんとの信頼関係を築くことができますし、同じ職場で働く後輩などにもアドバイスしてあげることもできます。認定看護師の資格は自分自身の仕事に対して自信を持つことにも繋がります。

認定看護師になるためには

認定看護師の試験を受けるためには、いくつかの条件があります。まず看護師として5年以上働いた実績があること、またその中の3年は専門分野に特化した業務を経験していること、日本看護協会が行う看護師教育課程を6ヶ月以上修了していることの3つです。特に3つ目については、学内での演習と臨時実習の合計時間が200時間以上、授業時間の合計が600時間以上という規定が定められています。これは相当勉強や実務を積まなければいけないということになります。これらの条件をクリアした上で社団法人日本看護協会認定看護師認定審査に合格してやっと認定看護師になれるのです。

専門看護師とは?

認定看護師の資格よりもさらに取得が難しいのが専門看護師の資格です。専門看護師は、認定看護師で学ぶ内容よりさらに深く専門分野を極めた資格です。いわば専門分野のスーパースペシャリストと言えるでしょう。一つの病気やケースに特化するだけでなく、さらに複雑な問題を抱える患者さんに対して質の高いケアを提供するための技術を身につけた人が得られる資格です。

専門看護師になるためには

認定看護師と同じく専門看護師にも受験の条件があります。共通しているのがまず看護師として5年以上働いた実績があること。そして特定の専門看護における分野で3年以上働いた実績があることです。そして、定められた教育機関での教育を終えた後、専門看護分野で1年以上働いた経験が必要になります。
以上の条件を満たした上で社団法人日本看護協会専門看護師認定審査に合格すれば、専門看護師の資格を取得することができます。

キャリア構築したい人におすすめ!